SEKINE LAB

RIKKYO UNIVERSITY

関根研の研究概要​​ Research outline

​  当研究室は、生命の最も基本的な原理であるセントラルドグマ(遺伝情報は「DNA→(転写)→mRNA→(翻訳)→タンパク質」の順に伝達される)に関わる問題の研究に取り組んでいます。セントラルドグマは、高校の教科書にも載っているので、すべてがもう解明されていると思われるかもしれませんが、まだまだ不明な点が多く残されています。あらゆる生物に普遍的で、基本的であるが故に、その不明な点を解明することはとても意義のあることであると思っています。具体的には、ゲノムDNAの安定性・可変性を司っている機構、タンパク質合成(翻訳)を調節する機構、non-coding RNAによる引き起こされる様々な生命現象の機構、等に、バクテリア(主に大腸菌)と植物(主にヒメツリガネゴケ)を生物材料として取り組んでいます。​

Messages from Members of Sekine Lab

M1 杉本 亮太 Ryota Sugimoto

は病原性大腸菌O157株から関根研の解析により発見されたEsr74ファミリーというnon-coding RNA(ncRNA)についての機能解析をしています。このRNAは非病原性大腸菌には存在せず、O157株の病原性の発現と何らかの関係があると期待されている点がおもしろいと思います。私は関根先生の「分子生物学2」の授業でncRNAを知り、関根研でその解析を行なっていることからこの研究室に行こうと決意しました。同時に関根先生の献身的な教え方や人柄も研究室を選ぶ上でとても大切にしました。研究では見切り発車で実験をせず、しっかりと調べて、わからないところは先生や先輩に聞いてから実験を行うように気を付けています。また、1週間の予定を立て、日々の実験を計画的に行うようにしています。研究をしていく中で失敗はつきものです。4年生のときは特にうまくいかないことが多くありました。しかし、その中で失敗しても諦めないで試行錯誤し、成功を目指す粘り強さを得ることができました。最後に、関根研は研究もイベントも非常に楽しく、活発なラボです! 有意義なラボ生活を送りたい方はぜひ関根研に来て、一緒に研究生活を楽しみましょう!

​Gallery
The State of The Research

 GET IN ToUCH! 

contact

東京都豊島区西池袋3-34-1

立教大学 13号4階(C411)
JR池袋駅より徒歩12分
TEL&FAX 03-3985-3408
E-mail ysekine@rikkyo.ac.jp

キャプチャ.PNG
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram
 
 
 
 
 

立教大学 | 西池袋 | 関根研究室HP

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now

「触らないで」に触る関根先生