2.葉緑体リボソームの活性を調節するタンパク質の研究

   リボソームは巨大なタンパク質合成装置であり、バクテリアでは細胞重量の50%以上をリボソームが占めているほどに多量に存在し、細胞ではたらく多種多様なタンパク質を合成しています。細胞内に多量に存在するリボソームは、タンパク質合成(翻訳)がそれほど多く必要でない状況(例えば、定常期やストレス時)においては、どうなっているのでしょうか? そのようなときに、リボソームに結合して、その翻訳活性を抑える因子をHibernation Promoting Factor(HPF)と呼びます(図3)。葉緑体のHPFはPSRP1と呼ばれ、このタンパク質の研究をヒメツリガネゴケを用いて行っています。これまでの研究により、細胞にストレスがかかった時や、光が当たらない時にPSRP1が機能を発揮することが分かりつつあります。また、PSRP1が機能しないと、暗所でリボソームの分解が起こり、この結果は、光が当たらず葉緑体内の翻訳活性が低い場合に、リボソームの安定な保存にPSRP1が大きく寄与していることを示します。さらに、PSRP1が機能しない株では、植物体の生育遅延が見られ、これはPSRP1が植物の正常な発達に関わっていることを示唆しています。最近では、PSRP1がストレスを伝えるシグナル分子として機能している可能性が見えてきました(図4)。PSRP1は、翻訳を抑制することの重要さを物語る興味深い因子です。

​図3 HPFによるリボソームの不活性化

​図4 PSRP1の細胞内の動態

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now